古典調のお囃子用篠笛お探しの方へ。篠笛工房(天賦流六世笛師)久保井朗童氏のfanサイト

朗童管が古典調のお囃子用に向いているか

朗童管は、古典調の曲を得意とし、お囃子の笛に向いているのか。

 

お囃子用の篠笛と言えば、古典調の篠笛を指しているようです。
元々、日本での横笛といえば、篠笛、神楽笛、高麗笛、龍笛、能管など、、で

 

和楽器の中で太鼓、鉦など打楽器と一緒に郷土芸能の祭囃子、神楽囃子、歌舞伎のかぐら長唄囃子、獅子舞などのメロディー部を演奏しています。
フルート奏者などが、篠笛も演奏し独奏楽器、また合奏楽器としたアンサンブル曲も作られ演奏しています。

 

現在では、

 

現代音楽の楽曲と合わせて演奏される※ドレミ調の篠笛が多く流通しているようです。
※ドレミ調:唄用とも表すが、唄用とドレミ調を区別している人もいました。
 ?何処が違うのでしょうか?まだ、私には区別がつきません。

 

篠笛の笛師が、辿る道として、おそらく好きが高じて笛作りになるとか、
お囃子など祭り笛奏者として活躍していた人が、独学で笛を作っていた。ようです。

 

とか、、、根っからの※笛師として始まっていないような気がする。

 

小さい時分からお祭りなどで聞き慣れていた篠笛の音色が良く、
お祭り笛、盆踊り、村の神社の練り歩く祭り笛に魅了されて笛吹きになる。

 

そして、昔? 以前なら 笛は、その土地土地の音色、篠竹で製作していたのだとか、、、。

 

なので、地方の祭りの笛には、音程、テンポなど、その土地特有の音色を醸しだいている。

 

その傾向も最近、統一しましょう! とか ウワサはあるようだが、
一向に全国統一などできていないようだが、むしろ統一などしなくても良いかもしれない。

 

これだけ、情報網が発達している時代なのでお囃子笛の統一も有りかと思うのだが、
ここは、地方・地方、その土地柄に合った音色を奏でて欲しい気もする。

 

お祭り、お囃子笛を吹きたい方が、どこの社中にも所属しないで
全国の多くの神社の囃子用の笛を吹きたい時に困ることでしょう。

 

全てではありませんが、全国のお囃子を集めたCDなども発売されいて
以前ならレコード、そしてテープ、それもカセット・テープとメディアが代わり、
最近では、CDが主流ですが、演奏風景などのDVDまで登場しています。

 

自宅に居ながらにして、全国のお囃子、お祭りを堪能でき“笛”の練習まで、

 

確かに便利になりました。

 

また、有名所の“お囃子”を教えている篠笛の先生もいるのが嬉しい。
四国の阿波踊りで篠笛譜面まで存在しています。
北海道で四国の阿波踊りをテレビで観戦し篠笛譜面で一緒に奏でる。

 

何てできる。

 

四国まで行って阿波踊りを篠笛で参加したいとか居るでしょうね。

 

素晴らしいです。

 

簡単にレコードできて何度も何度も聞き、練習できるので
以前のような「技は盗め」とか「見て盗め」とか、そんなレベルの話じゃないです。

 

以前ならテープ録音でしたが、レコーダーで簡単に録音でき、その場で再生。

 

先生もたまったものではありませんね。

 

盗め!って云っては、バシバシ練習、耳をそばだて、目を皿のように手先を見る。

 

そんな事せずにレコーダでポンって撮って、家で練習します!

 

後は、篠笛のCDからDVD、練習本も沢山あり、それもかなり詳しいい。

 

それでも、やっぱ、生の先生? に教わらないとできない、わからない所が多いです。

 

でも、まずは、“篠笛のDVD”などを購入されて練習されても良いかと思います。
そのDVDの中には、数曲の練習曲もあり、かなりな練習ができるかと思います。

 

後は、篠笛の「初歩の篠笛」とかの出版物ですが、「初歩」ほど難しい本。
どのような習い事にも初歩的な、初心者に、とか、入門とかの出版物があります。

 

けど、意外と難しいですね。初歩の、初心者、入門とか付いているので
簡単そうですが、最初だけで、一気にグーンと難しくなり挫折する人多いです。

 

あっ 「朗童管が古典調のお囃子に向いているのか」でした。

 

元々、朗童管は、お囃子笛から出発し、様々な笛を製作されていたようです。

 

中国の“笛子”(ディーズ)とかも製作していたと仰っしゃっていました。

 

龍笛なんかもご自宅で拝見しています。

 

また関東圏のお囃子連の多くが、朗童管を使われているのも大きな特徴です。

 

笛師の朗童さんが、関東圏なので、その繋がりで多くの関東圏の社中に納管されるようです。

 

それと、
全国のお囃子笛の統一なんかも考えられていたようですが、中々実現しないようですね。

 

まっ、お祭りのお囃子は、その土地特有の文化、歴史があり、その流れでしょう。
また、その土地の笛師、または、笛吹連が自ら笛を作られてもいるようで、
それらの理由からも、中々、全国規模で篠笛の調子が統一される事が無い。

 

そのように感じています。

 

そこそこ器用な方なら、篠笛を作られてしうのでしょう。

 

尚更もって、独自な篠笛の調子、祭り笛が誕生するのでしょうね。

 

朗童管が古典調のお囃子用に向いているか

 

関東圏のお囃子連から、注文を受けている朗童管も
関東とはいえ、社中独特な調子の笛も存在しているようですが、
最近、注文される各社中の篠笛も統一されてきていると言います。

 

なので、同一な、笛師から注文する際、笛師は、社中毎に
篠笛の調子を把握しているので注文に対応されていると言います。

 

ほぼ、納入する篠笛に対する注文とおりで問題なくお届け出来ると言います。

続く

Amazonで購入できる篠笛集