篠笛の通販siteをお探しの方へ。篠笛工房(天賦流六世笛師)久保井朗童氏のfanサイト

篠笛通販購入のいろは・篠笛選びのいろはとは

篠笛通販購入のいろは・篠笛選びのいろは”とは
篠笛を購入したい人にとって通販で手軽に入手できるお店があるので便利ですね。
実は、通販の仕様と写真から判断して篠笛を購入するって意外と難しいんです。
 通販サイトの種類の豊富な篠笛の中から自分に見合った(ここが重要)篠笛を選んで購入するには、自分の技量とか曲目とか目指す所で選択しが沢山あります。

 

縦笛、横笛、篠笛などに興味を持ち幾度となく鳴らした事がある人なら多少なりとも分かっているかもしれません。

 

触ったこともなく「テレビなどで篠笛の音が良かったからやって見たかった」とかの程度で、また「コンサートなどで篠笛の音色に魅了されて始めようと思い立った」とか、、、、

 

だと、篠笛を通販で選ぶのは至難の技だと思います。

 

何故なら篠笛って、意外と種類豊富なんです。

 

私、篠笛権太朗も篠笛など知らずに教室の門を叩いた一人です。

 

篠笛の先生の云われるままに篠笛(プラスチック製)を購入し、教えられるままに練習をしていた記憶があります。

 

たまたま篠笛の教室があり、たまたま教室で使用するのが“篠笛がプラスチック製”だったのです。

 

篠笛教室によっては、竹製の篠笛で一万円以上の笛を購入するか、先生の斡旋する篠笛を購入する事になります。

 

また、篠笛の調子も各教室によって違うので、たまたま選んだ教室に左右される篠笛の選択となてしまいます。

 

篠笛教室の多くが、8笨調子と云われるC調子の笛が多いようです。
これは、8笨調子が“C調”といって音楽では“ハ長調”に相当します。

 

次が、意外と多い7笨調子で、これはかなり以前から教室で使われていたようです。
伝統ある“唄物”を中心の教室に7笨調子の篠笛を使う事が多ように思います。

 

最近ですと、6笨調子の篠笛を使った教室も増えているようです。
これは先生の好みかもしれませんが、
篠笛のCDを出されている先生などが6笨調子で教えているかな?

 

何故、八笨調子の篠笛が教室で多く使われているかと言えば、
洋物と言われるドレミ調の曲目に8笨調子が合い安いといい、
また、これに篠笛を扱うお店が数を揃えているからだと思います。
それと、八笨調子だと指の間隔や吹きやすさからだと云われています。
※因みに権太朗は、七笨調子が吹き易いと感じています。

 

教室は、教室

 

教室での練習は、その教室では、個人レッスンでもなければ、
概ね最初に購入した“笨数の調子の笛”で練習が行われます。

 

少し篠笛の知識が増えると“同一な調子の笛”で長く練習を積んでゆくと
手の指のカタチが、その調子の笛にピッタリと合うようになり上達してゆくようです。
するとその笛が体に馴染んできて良い音がでるようになると云われています。
※よく云われるのが、笛が鳴るようになってきたとか云われます。
  しかし、吹くほどに悪くなる笛だってあるように思われるので
  それは、その笛に体が覚えてきて上手に吹けるようになってきたと思っています。

 

でも、しかし、、、、その内

 

同じ笛の調子だけで練習をしていると、
確かに指が笛のカタチを記憶するので、
とても良い音が出せるようになるのですが、

 

数ヶ月、数年と篠笛の練習をして行けば、自ずと次へのステップとして
プラスチック笛に代わり、篠竹で作られた篠笛が欲しくなるものです。

 

その篠笛もお教室で付き合われている“調子”の笨数を購入するのでしょうが、
それでも、篠竹を使った“篠笛”にも、かなりの種類、メーカ(笛師銘)があります。

 

どのメーカ(笛師銘)の篠笛が良いのかなど、経験してみないと分からないものです。

 

そこで、先輩、先生、経験者に教えてもらい、アドバイス等を受けて購入する訳です。

 

そこで、篠笛の通販サイトから購入するのですが、値段も相当な開きがあります。

 

見た目だけでは、なかなか判断できず、手持ちの資金を頼りに自分が出せる範囲で購入したりします。

 

プラスチック笛で¥1,500〜¥2,000程度で購入でき、それなりに音がでるので、
それ以上の期待で、大金を叩いて篠笛を購入するかと思います。

 

けれど決して値段に見合った音がでるとは限りません。
やはり、その人の技量で、その笛本来の音が奏でてくれるので
自分にとっては、当たり外れのある篠笛購入となるようです。

 

高価だからと云って決して直ぐに“良い音”を出せる訳ではありません。

 

むしろ高額な上級者向けの篠笛だと初志者には、音がでないとか云われます。

 

それでは、初心者レベルなら、どの篠笛が良いのか、安いのか、初心者向けなのか。

 

私(権太朗)の篠笛の基準だと

 

後にも先にも、まずは軽く鳴るのが初心者にとって都合の良い篠笛だと決め付けています。

 

その次に音程がしっかりしている事、当然ドレミ調ならドレミ調で正しい音程で鳴る笛ですね。

 

軽く鳴って音程正しい事でしょうか。初心者に音程を確認できるかって???

 

それと、ドレミ調に調律しても、指の位置が指孔に正しく当たらなければNGです。

 

幾らドレミ調律で正しくても太めの指だとお互いに邪魔して正しく指孔を塞ぐ事ができません。

 

篠笛の選択が難しい事だけをずらずら書いていて、チットも結論めいた事書けません。

 

 

続く、、、、、、、、、、、、

Amazonで購入できる篠笛集