はじめての篠笛に朗童管をおすすめします。篠笛工房(天賦流六世笛師)久保井朗童氏のfanサイト

はじめての篠笛に朗童管をおすすめ!

 始めて学ぶ篠笛に朗童管をお奨めしています。
何故、プロフェッショナルな朗童管の篠笛をお奨めしているかと云うと、
それは、プロ、アマ関係なく朗童管が吹きやすいからに他なりません。

 

どうして「吹きやすい」と、云われているのでしょうか。

 

巷では、女性、老人でも軽く吹ける、息の細い方でも「笛が鳴る」

 

と云われています。

 

これは、朗童管を吹いた人しか判らない大事なことです。

 

一般にプロと云われる笛吹集団、笛や太鼓で生業としている人達も
意外と多くの方が、朗童管を使用していると聞きます。

 

でも、プロと云われる人が使っているからと言って
単純に素人と云われる人が吹いても良いのか迷います。

 

それは勿論、腕と云われる技術の面もあるでしょうが、
肉体的ニも相当、鍛え方が違っていますよね。

 

テニスの一流選手が使っているラケット
プロゴルファーが使っているクラブ

 

同一な物を使っても必ずしも上手くなるとは限りません。
しかし、同一仕様モデルが売れているそうです。

 

しかし、篠笛に関しては、更に厳しくって
技術面以上に体力、気力、練習量、、、。
どれをとってもかなうはずがありませんよね。

 

心技体とか簡単に言うが、その心技体を
持ちあわせているプロ達の集団だからこそ
プロ仕様の篠笛を操れるのかと思います。

 

しかし、朗童管もプロフェッショナルな篠笛です。

 

どこが、朗童管のどこが素人でも吹きやすいのでしょうか。

 

プロフェッショナルな篠笛吹きの仕様は、
そのプロが演奏する曲目に合わせた笛を
特注しているとも聞きます。

 

そうです。

 

あるプロの演奏会で演奏する曲に合わせて笛を特注する。

 

その特注方法も、私ら極一般人が、笛好きで特注するのとは、
かなりわけが違っていて、「はんぱない!」のです。

 

それもそうで、生活もかかっている?のでしょうし、
第一、入場料を頂き演奏するのですから、、、、

Amazonで購入できる篠笛集