篠笛工房(天賦流六世笛師)久保井朗童氏のfanサイト

久保井朗童氏が語る「篠笛に関わる者として」

 久保井朗童氏が、「篠笛に関する心」をネット上で拝見していた記事をまとめてみました。
※間違いなどありましたら即効で訂正致します。
気に入った笛はどんどん吹き込みましょう!

以下、テキスト文

  • 気に入った笛はどんどん吹き込みましょう!
  • 吹けば吹くほどに鳴ってくるのが篠笛です。
  • 保管には表皮に植物油を軽く塗るのがベストな方法です。
  • 割れを防ぐためにも乾燥しないよう十分配慮して下さい。
  • 大切な篠笛を傍に置き吹き込み末永く慈しむみましょう。

※私事ですが、
 同一な調子の笛でも、何故か好き好きがでてしまうようです。
その確かな“理由”は自分ながら判然としないのですが、
「相性」みたいな“何か?が関係しているのでしょうね。

 

・保管する時のお手入れには、植物系で酸化し難い油が適しているようです。
 因みに胡桃、椿、オリーブ油などが適していると云われていますね。


久保井朗童氏の“心”シリーズ

 勝手に“シリーズ”などと題名してしまいましたが、
私の“心”にグッときた言葉だったので掲載しました。

笛師は竹材を活かして篠笛に魂を吹き込み

 

奏者は篠笛を吹き込み己の笛を昇華させる

笛吹権太朗の弁
  • 笛師は竹材を活かして篠笛に魂を吹き込み
  • 奏者は篠笛を吹き込み己の笛を昇華させる

・権太朗反省文
心境は、まだまだ達していませんし、ようやく「鳴る?音が出る?」程度なので!?
何時の日か、「私は、篠笛奏者です。」とか言ってみたいですね。

 

俳句風に
「何時の日か 篠笛吹きと 名乗りたい!」

Amazonで購入できる篠笛集